D-Studio|株式会社夢エデュケーションは、未来を育むITエンジニアの育成と教育に取り組んでいます。

D-Studio|STEM for Kids事業 教育サービス事業理念

KIDSコース

我々のKIDSコースは日本の未来を担う子供たちのためのSTEM教育を提供する事を目的としております。
ヒューマノイドロボットNAOやUnityを活用した最先端のSTEM教育で最新のIT技術を学び、「論理的思考力」や「問題解決能力」の普遍的な力を養います。

教育カリキュラムは?

『正解があるものからないものへ・・・』
記憶・暗記重視の教育ではなく『なぜなら~だからです(That‘s because~)』という『自分の考えの根拠を人に説明する』教育理論を実践に移すことで柔軟な発想を持って物事を多角的にとらえ、自ら考える力を養い行動変容を促します。

『知識力は高いが自論を語れない・・・』日本型教育からの脱却』
インプットされる知識を独学力で深め、実行・実験と試行錯誤による根拠に基づく自論形成を促します。学んだプログラミング技術を活用し、直ぐに実行してみます。試行錯誤しながら完成したロボットプログラミングをロボットを動かしながらポートフォリオとして、コンセプトを含め発表します。
他の生徒は、発表をただ聞いているだけではなく、自分だったらこうするという意見を一人ひとり発表し合います。

「社会で活躍できる3つの力」

【ロジカルシンキング】

課題や交渉において論理的に考え、話を組み立て「相手に伝わりやすい」話し方を養います。
プログラミングの学習においても「やりたいこと」を考えてから「順序」で構成し「記述」を行います。STEM教育においても子供の頃から論理的な考え方を教育・訓練することで、誰にでも分かりやすく説明できるための技術を身に付けることができ、困難な問題が目の前に立ちはだかったとしても、自ら考え解決しようとする力も同時に養えます。

【クリティカルシンキング】

情報や物事を鵜呑みにするのではなく、多角的に見て情報を処理し、自らの結論に到達するまでの考えを養います。
作ったプログラミングが動かない場合、ブロックがはまらない場合、正しいと考えていた「前提」を疑い「分析」「解析」を行う事でプログラミングや物事を正しい方向に修正できます。 STEM教育を行う事で様々な分野に触れ、見方を学ぶことで問題解決能力を養う事ができます。

【ラテラルシンキング】

固定観念を打破し、自由な発想をする思考法がラテラルシンキングです。 例えば2つのリンゴを3人で分けて下さい、というと正確に分割することが困難だとすぐに気が付きます。 一つの例ですが、ラテラルシンキングとしては「ジュースにして分ける」となります。 同じ動きをさせるためのプログラミングの答えは一つではありません。「無限の発想力」を秘めている子供たちの自由な発想力をSTEM教育によってさらに向上させます。




フリーダイヤル:0120-972-479
受付時間:月曜日-土曜日 9:00-18:00

Copyright © 2017 Yume-Education Co.,Ltd. All rights reserved.